法人向け助成金診断サービス「オフィス助成金119」をスタート

無料で
診断する

よくあるご質問 インターネットの速度が遅いように感じる

インターネットが遅いと感じたときに、ご確認いただきたいポイントを動画でご案内しております。

■インターネットの仕組みと、速度測定

■無線(Wi-Fi)をご利用の場合

■パソコン・端末自体に負荷がかかっていませんか?
(CPU・メモリの確認)

ご確認いただきたいポイント

高速な回線を使っていても、様々な要因によって接続速度が遅いと感じることがあります。以下のようなポイントもご確認ください。

■ポイント1 お客様のご利用端末
PCのスペック・OSが古い場合・メモリの空き容量が少ないなど、PC自体のバージョンアップをしていただく事で改善される場合があります。

■ポイント2 接続環境について
無線利用の場合、別の電波と干渉して遅くなったり途切れたりする場合があります。
有線接続にしていただく事で改善される場合があります。 

■ポイント3 その他外部要因
接続先のサイトが混み合っている場合があります。
また、夜のお時間帯・土日はインターネット回線を利用される方が多いため遅くなります。
混み合うお時間を避け、再接続をしてみてください。

■ポイント4 ルータのルート選択要因
ルータにはインターネットのページへ行くまでのルートの記憶機能があります。
混雑ルートを記憶している場合遅くなってしまう事があります。
光電話とインターネットを利用しないお時間帯に、極力長めにルータの電源を切って
いただく事で改善される場合が御座います。
※電源を戻していただくまで光電話とインターネットは使えません。忘れずにお戻しください。

ポイント1 お客様のご利用端末

■パソコン、OS
ご利用のパソコンによっては、処理速度やメモリー容量、ハードディスクのアクセススピード等が原因で、ブラウザーの表示処理が遅くなる場合があります。
パソコンのメモリーの増設、ハードディスクの最適化をすることでいくらか改善することもあります。
また、OSによっては、高速な回線向けに最適化されていないこともあるため、光回線を利用しても通信速度があがらないことがあります。


■ルータやハブなど周辺機器の能力不足
周辺機器のLANポートが100Mbpsまでしか対応していない場合や、速度低下の原因となります。

*確認方法
それらの機器を介さずに直接接続し、速度をご確認ください。

ポイント2 接続環境について

■無線LAN(Wi-Fi)を使用している
無線LANは、設置場所や利用方法により通信速度が低下することがあります。

*確認方法
LANケーブルで直接パソコンと機器を接続すると速度が出ている場合は、無線LANに問題がある可能性があります。

チェックポイント
・無線LANアクセスポイントとパソコンの距離が遠い、または間に障害物がある
・複数台パソコンを接続している
・無線LANのセキュリティ機能による処理に時間がかかっている
・公衆無線LANサービスをご利用の場合、チャンネルが混雑している


■ルータやハブを使用し、パソコンを複数台接続している
複数のパソコンで大量のデータ送受信していると、速度低下の原因となることがございます。

※確認方法
ご使用になるパソコン1台を接続し、速度をご確認ください。


■適切なLANケーブルを使用していない
カテゴリ3や4のLANケーブルをお使いの場合、転送速度がインターネット回線より遅い可能性があります。

※確認方法
転送速度が適切なカテゴリ5以上のLANケーブルをお使いください。

ポイント3 その他外部要因

通信速度があがらない原因は、「お客様のご利用端末」「接続環境」の他、以下の外部要因が考えられます。

■ネットワークの混雑
お客様のパソコンからインターネット上の通信相手(ウェブサイトなど)に至る経路で、曜日や時間帯、一時的な要因で混雑が発生し、通信速度があがらないことがあります。

■通信相手(ウェブサイトなど)の混雑
お客様がご利用の通信相手(ウェブサイトなど)にアクセスが集中すると、通信速度があがらないことがあります。

混雑が発生している場合は、しばらく時間をおいてからアクセスすると改善することがあります。

※こちらで改善されない場合、光回線のプラン変更や、プロバイダ変更で改善される場合がございます。
 お客様サポートセンタまでご連絡ください。
 お問い合わせフォーム

よりよいサービスのためご協⼒ください

この内容で、解決しましたか?

ご協力いただき、ありがとうございました。

上記内容で解決しない場合は、こちらのボタンからお問い合わせください。

お問い合わせ